ロックの王様、故エルビス・プレスリーの毛髪が落札



伝説のロックンローラーで、1977年に亡くなったエルビス・プレスリーの髪の毛が、オークションに出されることになった。

ロックの王様と呼ばれていた米国民的歌手、故エルビス・ブレスリー(1935〜77)の毛髪が18日、米シカゴの競売会社レスリー・ハインドマンで競売にかけられ、1万8300ドル(約167万円)で落札された。


落札予想額の8000〜1万2000ドルを上回ったが、AP通信によると同社は数年前にプレスリーの毛髪が11万5000ドルで落札された例があるとしており、これには及ばなかった。


今回落札された毛髪は、プレスリーの友人でファンクラブ会長でもある故ゲーリー・ペッパー氏(80年死去)の所蔵品の一部。58年から2年間の米軍入隊時に散髪で刈り上げたと見られる。

プレスリーから毛髪を送られたペーバー氏は熱狂的なファンに少しずつ”おすそ分け”して残ったもの。



このほかプレスリーの衣装やステージからファンに投げたスカーフ、友人らに送ったクリスマスカードなど、ペッパー氏の多数の所蔵品が競売にかけられた。

米国では、プレスリーの死後30年以上たった現在でも熱狂的なファンが多数おり、高い人気を保っている。
(スポーツ報知ーー 2009年10月20日 より抜粋)


今でも熱烈なファンが存在するエルビス、そんなフャンに取ってはお宝なんですかね〜

写真で見る限りは軍軍入隊時の散髪時の髪ですのでそんなに長くはないですが、もし、これでかつらでも製作して。。。写真の量からして部分かつら位でしょうか?総かつらには量的に足らないように感じますが。。かつら作って競売に出せばいくらの値段が付くのでしょうかね〜(笑)




itmfv22 at 09:40│clip!髪について | 装着部品