正常な毛を自分で抜いてしまう抜毛症(脱毛症)

学童期の子供に多い一種のクセで、精神的なストレスが引き金になります。
一説によると人口の0.5〜2%が抜毛症だとされる。しかし、医者の考えや判断によってこの割合はかなり変化するため、あまり正確な情報ではない。


小学生から思春期の女子に多いが、成人も発症する。頻度としては円形脱毛症の10〜20%であるが、抜毛行為自体は学童期の癖としてはかなり多い。

また、家庭や学校での人間関係で悩んでいる場合が多い頭髪の一部を指でつまんで抜くため、脱毛箇所は不規則な形をしている。



そのほか脱毛は、甲状腺分泌機能障害や、膠原病、梅毒など、全身性の病気によって脱毛が起こる場合があり、この場合は頭髪が全体的に薄くなります。

また、女性は出産後に抜け毛が多くなることもありますが、これはホルモンバランスの変化によるもので、時間の経過とともにもとの状態に戻ります。



抜毛症(ばつもうしょう)は、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって頭部に脱毛斑が出現する精神疾患。抜毛癖(ばつもうへき)、禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれる。


習慣および衝動の障害 本人が全く自覚せずに、無意識のうちに抜いている場合もある。
よく患児の悩みを聞くとともに、毛を抜くことを怒ったりせず母親や周囲の人々が温かく接することが大事である。症状が強い場合、精神科などでの治療も必要である。


脱毛斑は手の届きやすい前頭部に多い。前の方が利き腕側に偏って脱毛し、直線上の脱毛斑になる。毛の太さも正常で抜けやすさはない。



毛を食べてしまう食毛症を合併している場合がある。 また、頭髪のみならず、眉毛や、まつ毛を抜くこともある。

様々な要素が複合して起こるものとされ、明確な一つの原因はない。かつては、ストレスや不安が主な原因であると考えられていた。

しかし、最近では抜毛症は神経細胞と脳のコミュニケーションの一部に支障があるために起こるという説も有力である





itmfv22 at 14:44│clip!脱毛 | 薄毛