安い価額のかつらも寿命はさほどかわらない

かつらは消耗品です。

かつらの寿命はどのメイカーでも、毎日使うと3年前後でしょう。

痛んでくると特にベースがひび割れたり、またブラシを使ったときなどに髪が抜けやすく、また髪の艶がなくなります。

と同時に着用していてもかつらだとわかりやすくなります。
また金額が高いからといって寿命が長いと言うわけではありません。


かつらの寿命は使い方によっても随分と差があります。
手入れの方法や、肌や汗の特性などによっても大きくかつらの寿命に左右します。

かつらにブラシを掛けたときに抜け毛が目立つようだと早い目に修理に出す方法もあります。
修理ではベースから直すと同時に増毛もしてくれます。


汗かきの人はベースの痛みが早いように感じます。

2つのかつらを上手に使い分けるのも長持ちさせることかもしれません が、同時に2つを作る必要はないように思います。

メーカー(販売元は)二つ作って使い分けて・・・・などと誘いますが、高額な商品です同時に2つをつくるとなると結構な金額になります。


ではどうする?

とことん痛んでからでは修理も出来ませんし、また着用しててもかつらだとすぐにわかります。


そこで、1個新しいイかつらを作ってから1年半〜2年後に新しいかつらを作りうまく使い分けるのですが、どうしても汗をかく場に出かけるときとか、ほこりっぽい場所に出かけるときまた、帽子を着用する場合などは古いかつらで十分です。


普段の生活では新しいかつらを着用するようにすれば両方とも幾分寿命が長く使えます。


かつらを作るとき頭に合わせて(禿た部分にあわせて)型取りして作るのですが、年月が経てば、禿た部分が大きくなったり・・して変わりますので、最初から複数を作らず適当な間隔をあけてから作るのがよいと思います。


itmfv22 at 10:14│clip!かつら