ヌーダ(NUDA)は男性用かつらの生え際を誤魔化すアートネイチャーの技術

男性部分かつらを着用している人は結構いるもんですね。
最近のウィッグ(かつら)は昔と違って毛髪ならびにベースも改良されています。



通常ではウィッグ(かつら)だとは想像できないほど自毛にあわせてウィッグ(かつら)をつくることができますので、かつらだと言わなければばれません。



が、しかし、かつらを着用している者同士なら何となく分ります。
30数年かつらを着用している自分には、大抵の場合見破れます。(笑)ということは自分の場合もかつらをしている人にはばれていると思われます。



どこかに不自然さがのこります。
髪質をいくら自毛にあわせても全体としてどこかに不自然なところが現れます。



部分かつらの場合は大きくなるほど分りやすくなりますが、小さな円形脱毛症などで周囲の自毛が多い場合はたとえかつらの専門家でも見分けがつきにくいと思います。



本当に見分けがつかないようなウィッグ(かつら)をつくるには、やはり費用が嵩みます。
これが難点ですねもう少し安ければ良いのですが・・・・



手のひらサイズの部分かつらだと35万〜50万円程度はすると思います。
別注(自分の頭のはげた部分に合わせてかつらを作る)だとやはり高くつきます。



総かつら(全頭かつら)では10万円台のかつらもありますが、自分の髪が残っているうちは(極端に少ない場合は別ですが。。)自毛を生かせて部分かつらなどにするのが良いでしょう。



かつら着用でばれやすいのは生え際です。
最近の改良されたかつらは生え際を誤魔化すために産毛の技術とか着用するとベースが透明になるなどアートネイチャーの額につけると透明になる新発想の「ヌードフロント」などの技術が使われています。

「抗がん剤治療による脱毛または、薄毛、抜け毛に医療用かつら・おしゃれかつら・髪型で10歳は若返れる。」サイトで直近に検索されて語句のベスト5
ヌードファイン
ヌードファインの価格
抗がん剤と陰毛
髪の悩み 多くて浮く
草なぎはかつら



itmfv22 at 17:55│clip!男性用かつら | 新製品