国税庁の『タックスアンサー』にからんで医療用かつらの行方は?

寒波、寒波、大寒波とか。日本列島冷蔵庫のように冷え切っていますが、。
国政もなんだかガタガタと内輪もめなどもからんで決まるものも決まらずこの先、お寒い時期が来るのでは。。。、税金の問題、年金の問題も寒波の如くお寒いことになりはしないかと。。。。。



そんな時期にまたまた税金の申告時期がやってきます。
払うものはきちっと払う変わりに言い分は聞いてほしいと思って昨年申告時期に税務署に下記のように問い合わせました。



”医療費控除のことでお聞きしたいのですか?
抗がん剤等の治療をすると脱毛が始まります。なかには頭髪全部が抜けるという場合もあります。

そこで患者さんは精神的な苦痛を和らげるために医療用かつらを注文する場合がありますが、
これは医療費控除の対象になりませんか?”

変化する福田衣里子さんの髪型
女性ウィッグ大展示、試着会
民主党衆議院議員の福田衣里子氏の髪型
女性用かつらについて

と問い合わせた結果
”誠に申し訳ありません。抗がん剤治療までは認めておりますが、医療用かつらまでは残念ながら認めておりません。”との返事が返って来ました。




確定申告は毎年自分でやっていますが、(青色申告)経費についても担当者によって認めれれる場合とそうでない場合が過去にもありました。



A担当者はすんなり認めてくれるのにB担当者はなかなか認めてもらえないとか。。。。
こちらの説明にも問題があるのかもしれませんが。。。。



そこで今回もう一度医療費控除について質問してみようと思っています。


今回は国税庁の『タックスアンサー』に、次のような一文があります。
「医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用。」


骨折等で松葉杖が医療費として認められるのであれば「医療用かつら」は同じような部類に入るのではないかと思いますが。。。。
女性にとって髪の毛は、義手や義足と同等であると考えて差し支えないと思いますが。
いかがですか???と。。。。

国税庁の『タックスアンサー』の文言を盾に質問してみようと思っています。