医療用かつらと抗がん剤治療の副作用と脱毛

女性特有の乳がん治療ですが(比率的には少数ですが、男性の場合も乳がんはあります。)初期のうちは抗がん剤治療をする場合が多いようですね。



がんが発生した部位や進行程度、患者さんの年齢・体力、他の病があるかどうかなどによって変わります。薬による治療では、効き方の異なる薬を組み合わせて使うこともあります。



抗がん剤治療を受けると、 多くの場合、抗がん剤を投与して10〜20日頃から脱毛が始まり、髪以外の部分(体毛・まゆ毛・まつ毛、陰毛)でも起きる場合があります。



抗がん剤治療を受けたからといって必ず脱毛が始まるとは限りません。個人差、使用する薬によっても脱毛の程度はちがいますので、治療前に主治医に説明を求めるのが良いでしょう。





そして脱毛が始まるとわかれば、治療前に髪は短く切っておくのが良いでしょう。脱毛が始まり長い髪が枕などに着くとなお一層脱毛の現実を突きつけられる思いがするでしょう。
見た目でも脱毛の負担を軽くする方が得策だと思います。

医療用かつら装着で抗がん剤治療の脱毛の負担軽減
抗がん剤治後の療副作用の脱毛時期
医療用かつらと抗がん剤治療の副作用と脱毛
国税庁の『タックスアンサー』にからんで医療用かつらの行方は?
乳がんによる抗がん剤治療、心配は副作用による脱毛とか?

また主治医の説明で脱毛が起きることがわかれば、帽子、キャップとかバンダナまたは医療法かつらを準備しておくと脱毛がはじまってから慌てずに済みます。



また治療終了後3〜6ヵ月後には再び生えてきますので
医療用かつらの場合も金額のばらつきはありますが、治療終了後3〜6ヵ月後には再び生えてきますのでその間、使用すれば良いだけですのでそれほど高価な医療法かつらは必要ないのではないかと思っていますが。。。。・・



考えられる準備は早めに準備して、安心して治療に専念できる環境をつくるのが、回復の早道ではないかと思います。・・・・・・・・・・・