医療用かつらにも人毛と人工毛があります。


抗がん剤等で脱毛がおき、どうしても医療用かつらを注文する場合があります。
また、医療用かつらには、人毛と人工毛のかつらがあります。


特に女性では、自分の髪が抜けることに大変なショックを受けます。そのショックが治療にも影響する場合もあるとか・・・・


少しでも気持ちを和らげるために、医療用かつらを利用されるのもいいかもしれませんね〜〜〜。。。




10円玉ハゲ(円形脱毛症)も気にせずほっておくと直るのだそうですが、いろい
ろと気にしていると、なおさらストレスもたまりよくないようです。


まして、友人のように「その部分(円形脱毛症)」を「かつら」などでフタをした状態では最悪な処置だったようです。

一度、「フタ」をしてしまえば、生えかけているものまで生えなくなってしまいます。

そうなると今度はかつらがなくてはならない状態になり、ますます悪循環になります。

その頃になってやっと「しまった」と思ったそうです。

今からでも遅くないと思いながらも1年以上のかつらをつけていた状態ですから、いまさら外せなく、・・・

思案をめぐらせている内にそろそろ次のかつらを注文しないと・・・・という時期になりまたまた同じ程度の大きさ(直径4〜5センチ)のかつらを注文することになったそうです。

この頃になって初めて育毛剤などを使ってみる気になったのですが、反対にこの育毛剤が結構な値段したそうです。

それに日中はかつらをつけて夜寝るときに外しますのでそのときに育毛剤を使っていたそうですので効き目がなく、長年使っていたそうですが育毛剤の使用を止めたそうです。

そうなると本格的にかつらでの生活が始まります。が、本人はそこそこの年令になれば外せばいいと腹をくくったようです。


また、仕事で若い人たちとの付き合いも多く、なおさら外せなくなり、口では、かつらをしていると公言しながらも外す機会を失い、その後36年の歳月をかつらにお世話になることになります。