脱毛症治療に光明ー毛のないマウスに人毛が・・??

朝刊を見てびっくり、毛のないマウスに人の毛が生えた。との記事
脱毛症治療、円形脱毛症の人にはうれしいニュースですね。でもでも。。今日明日の問題ではないのがちょっとがっかりですが。。。

新聞でまたインターネットで調べてみると大まかな内容は以下のようですね。



マウスの毛の周辺から取り出した2種類の幹細胞を移植することで、生まれつき毛のないマウスに毛を生えさせることに東京理科大学などが初めて成功した。



移植した体毛、ひげの幹細胞はそれぞれ体毛、ひげとして定着した。自らの細胞を用いる脱毛症治療に道を開くもので、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に18日発表する。



同大の辻孝教授、豊島公栄研究員らは、毛組織のもとになる「毛乳頭」と、皮膚になる「上皮性」の二つの幹細胞に着目。互いに成長に必要な物質をやりとりして、毛を作るとされる。


チームは、毛のあるマウスの体毛やひげ周辺の組織から2種類の幹細胞を取り出し、足場となるコラーゲンの中で塊を作った。
この塊を、毛のないマウスに皮下移植したところ、約1か月後に毛が生えた。約10か月間、毛は何度も生えかわり、機能も通常の毛と変わらなかった。



さらに情報を収集すると3〜5年以内に臨床研究を始め、10年程度で一般の患者に提供できるようにしたい。とのことで、ちょっと私には間に合いそうもないですね。
まだ生存はしている予定ですが、今から10年後には頭髪があろうがなかろうがさほど気にならない歳になっているであろうから。。。??


近い将来において毛髪の悩みが解消される時が来るのはうれしいですね。
”たかが髪”ですが、髪の悩みは当人でないと分からない深刻な悩みですから・・・、

YOMIURI ONLINE より一部転写
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120417-OYT1T01265.htm




itmfv22 at 10:31│clip!発毛 | 新製品