ウィッグ(かつら)の前に薄毛回復のコツを知りたくないですか?

ウィッグ(かつら)不要の薄毛回復のコツを知っていればウィッグ(かつら)は必要なかったのでは?


薄毛にならなければウィッグ(かつら)は用無しだったのですが、そんなウィッグ(かつら)不要の薄毛回復のコツとは?
ごくごく簡単です。
十分な睡眠をとることがウィッグ(かつら)不要の薄毛回復のコツです。



薄毛は睡眠と大きく関係します。つまり睡眠不足は薄毛になる原因の大きな要素の一つです。
十分な睡眠を取ることがウィッグ(かつら)不要の薄毛回復のコツです。


睡眠不足は体の疲れと同様に頭皮の疲れにも繋がります。十分な睡眠をとることで頭皮の疲れも回復して頭皮、髪にも十分な栄養が行き渡りいつまでもふさふさな毛量を保つことができます。


また、髪の毛は眠っている間に成長すると言われます。
睡眠中には、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、細胞に栄養を与え、肌や髪の毛のダメージを修復する成長ホルモンが多く分泌されます。

8-16



また栄養は体の維持に必要な部分から順に送られるようになっています。
毛髪は私たちの願いとは裏腹に、体に、生きていくためにそれほど重要ではない、部分と見なされているため、睡眠不足・栄養不足の時に真っ先に見捨てられる部分なのかもしれません。




生命維持の重要度から遠ざかる髪ですが、外見上からはなくてはならない髪が薄毛に進行してウィッグ(かつら)で補うことになりかねません。。。。



ストレスが溜まったとき、体が弱った時に真っ先に影響が出ます。疲れた体の髪には栄養がなかなか届きにくいのです。
体の維持に大事な部分から順に影響が送られて、髪にまで回ってこない状態になります。
それ故に、頭皮の疲れの回復は遅れ、薄毛、抜け毛と進行していくのです。




ウィッグ(かつら)不要の薄毛回復のコツとは十分な睡眠と栄養を取ることで、健全な身体をつくりいつまでも美しい髪でいられるのです。

男性用部分ウィッグ(かつら)で車内での汗
酒席で悪ふざけで友人のウィッグ・かつらをとった行為に場がしらけ・・・
ヌーダ(NUDA)は男性用かつらの生え際を誤魔化すアートネイチャーの技術
男性かつら専門の事情と男性かつら着用者のホンネ
草薙剛はかつらか自毛か? 小倉智昭さんの真実は?

髪が最も育つのは、夜の10時から翌朝の2時までと言われています
。副交感神経が最も活発化し、成長ホルモンが大量に分泌される時間帯だそうです。



髪が育つためには、ウィッグ(かつら)不要の薄毛回復のコツとは夜の10時〜深夜2時頃の時間帯には、寝ているようにしたいものです。
夜遅くまで起きていると薄毛になりますよ!






itmfv22 at 16:42│clip!かつら | ウィッグ