頭皮の日焼け、海外旅行をしたかつら愛好者の笑えない話。

梅雨が終れば猛暑の夏がやってきます。
海で働く若者は早い時期から少しずつ肌を焼いていきます。海開きの頃にはきれいな小麦色の肌になるように早目から準備しているようです。
早い時期からテトラポットの上で肌を焼いている光景を見かけますよ。


普段オフィス内で仕事していて、急に海水浴にでも出かけることなら後が大変ですね。
肌はヒリヒリ、また水脹れが出来たりと大変な思いをされた方も多いと思います。
心当たりのかたいらっしゃいますね


それと同じことが頭に起こったら・・・・・・
海外旅行をしたかつら愛好者の笑えない話。




普段はかつらをしています国内ではもし知り合いにでもであったらと言うことでかつらを外すことはなかったのですが、海外旅行なので知り合いもなかろうとかつらを外して海水浴を楽しんだらしいです。


海水浴では海水また直射日光等でかつら自体傷みます。
後のかつらの手入れも大変だとかつらを外して帽子などをかぶっていたらしいのですが、どうしても頭皮に直接、紫外線を受けることになります。

今まで直射日光に直接さらされることがなかった頭皮に強い日差しを受ける形になりました。頭に日焼けクリームを塗るわにもいきません。



長髪の人が坊主にすると青々とした頭(頭皮)ですよね。いうなればあれと同じような状態ですからね
そこに強い日差しを受ければ頭皮もビックリですよね。
(毛髪ってこんなところにも役に立っているのですよね。。)



結果、頭皮が一種の日焼けしたような状態になりデキモノが出来たりと大変な目にあったと言って帽子をかぶってお店(かつら店)にきたお客さんがいたらしいです。


頭皮の状態が通常どうりになるまでかつらはかぶれないということらしいですが、これを機会にかつらを外したら???と店の人は言えないですよね。。お客さんが1人減りますから。。。(笑)

日焼け止めクリーム

itmfv22 at 13:46│clip!かつら | 脱毛