男性用部分かつらの発注の仕方

男性用部分かつらを別注で作る場合、メーカーによっては最初から複数個を作る(作らされる?)ところがあります。

何故かというと、お客さんの髪に合わせて(髪の量、早く言えばハゲ具合にあわせて)いまより少し多い目に、2個目はそれよりも多い目に・・・・・このように作れば周囲にかつらだとばれないから・・・ということで複数個を段階的に作るらしいです。

でも、一個が50万円前後もするのですよ、
2個作ればいくらになりますか?100万ですよ、余裕のある人はいくらでも作ればいいですが、チョット無駄だと思いませんか?

しかも、だんだん髪の量を増やしていけば最初に作った髪量の少ない部分かつらは使えないでしょう。

しかもかつら自体2〜3年が対応年数でしょう。
もし2個ないし3個作るとしてもなぜ、最初に同時に作らねばならないのか? 
最初から作る必要はないでしょう。

着替え用とか修理に出すときにとかのうたい文句で最初から別注の部分かつらを複数個作らせようとしますが、よく考えてから発注してください。


同じものを複数個作ったとして交互に着用すれば、幾分は痛みも遅く長持ちするかも知れませんが、2〜3年の対応年数が倍になることはありません。
またそうなると髪質などもかわり逆効果にになることもあります。

余裕があり複数個の男性用部分かつらを作るといわれるのなら、最初作った部分かつらから1年〜1年半ほど経ったときに同じように作り使い分けるといいと思います。

たとえば、激しい野外スポーツをするときに使う分と室内で使用する分と区別して使うとか?

ベストの方法は2年ぐらいで作り変えると髪質も痛まずまたセットも取れにくく(人工毛の記憶繊維など)髪のつやもあり自分の髪質と自然に融合したような状態で男性用部分かつらの着用できます。


医療用かつらもピンからキリまで・・・
医療用かつら
かつらの髪質は?
かつらの型取り
行動範囲が広がる医療用かつら
itmfv22 at 10:38│clip!男性用かつら